うつ病40代サラリーマンの休職日記

東京から名古屋に左遷されうつ病になったサラリーマンの闘病記です。適応障害で異動願いを出しています

東京での新居探し。なかなか猫を飼うのは大変です

こんにちは  あぽろ です。
東京での復職が決まりました。
名古屋から念願の東京本社への転勤です。

と言うことは新しい住まいを見つけなければなりません。
私の会社では、転勤には社宅を利用出来るのですが普通の賃貸マンションを委託不動産屋を通じて借りるだけです。
しかも何故か家賃は100%個人負担です…。

我が家には猫さんが2匹居るのでこれが結構難しい問題です。
ネットでは「ペット飼育相談」という物件が沢山出て来ますが「猫」「2匹」となると賃貸では物件が本当に少ないです。

ネットではそこそこ当たりを着けていましたが会社の委託不動産屋を通じて手配しなければなりません。
担当の不動産屋営業の方に私が調べた物件を含め希望沿線で調査をお願いしました。

≪第一希望≫
京王線沿線
≪第二希望≫
中央線沿線

若い女性で業界経験の浅い方が担当だった為かなかなか物件情報が上がって来ません。
内見希望日まで1週間以上ありましたが3件しか上がって来ませんでした。

今週の初めにとりあえず内見の為、東京へ向かいました。現地で別の物件が出て来るかもしれませんし。

新幹線で東京に向かうといよいよ復帰出来る実感が沸いて来てワクワクしました。

f:id:cataway25:20160319091532j:image

委託不動産屋に着き車で内見スタートです。
Googleストリートビューで調べた通りの景色が広がります。
Googleは本当にすごいですね(^_^ゞ 初めて来た気がしません。

ネットでも写真を見ていた各物件を内見しました。

「せ、狭い。結構汚い…。」

ちょっとガッカリしました。こちらはGoogleの様にはいきません。写真ではすごく広く綺麗に見えていただけです。
家族も同じ感想でした。
しかし我が家は猫さんを飼う事が最優先です。
3件の内見を終えてホテルで家族とじっくり話し合いました。
とにかく東京に帰って猫2匹を飼える住まいを見つけることを優先して中央線沿線の古いマンションで妥協しました。

若い女性担当の不動産屋に社宅契約依頼の電話を入れました。

モヤモヤしながらも猫さん達の住まいを確保出来た事で自分を納得させながら眠りに着きました。

くるねこ17

くるねこ17